★電気料金の比較のいろはを伝授!電力単体ではなく総合的に判断することが重要!★

いよいよ4月からの電力自由化に伴い、新電力会社や既存10社が続々と料金プランを発表し始めています。これまで電力会社を選ぶことが不可能だったので、電気料金を気にする人も少なかったかもしれませんが、今後は携帯電話と一緒で契約先をしっかりと見極めて選ぶことで毎月の家計を改善することが可能となります。電気料金を見直すうえで重要なのは、電気代単体で考えるのではなく、毎月の家計の支出合計から考えることです。毎月の支出は、水道光熱費以外にも通信費や車両費など様々な費用が発生しています。したがって、契約先を見直すことで電気料金は据え置きでも他の支出を大きく削減することが可能になるかもしれません。電力市場に参入を発表している企業の中には、ガス会社、大手通信会社、ガソリンスタンドなど様々な業種が含まれています。こういった企業が既存のサービスと電力をセットで販売してくるので、契約先を統一化させることで毎月の家計負担を減らすことが期待できます。なので、電気料金の比較だけでなく、セット割を受けた場合のトータルの支出に注意していきましょう。また、電気料金の比較を行う際におすすめなサイトで「電力会社.net」と呼ばれるサイトがあります。ここでは、新電力コンシェルジュと呼ばれる電気のプロが、セット割りを含めて様々なプランから各家庭や法人に最適なプランを紹介してくれます。フリーダイヤルで何でも相談可能なので、電力会社の見直しを検討している人は一度利用してみることをおすすめします。

FireShot-Screen-Capture-#186---'電力会社_net※電力自由化対応の電気料金比較ランキング'---電力会社_net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です