★医学部再受験生は合格できる大学を第一に考えること!面接試験も自信を持って対応を!★

医学部再受験を目指す人が多いのは、医師という職業になるためには必須の道であると同時に、安定して高い報酬を得られるメリットがあるからです。リーマンショック以降は将来の先行きが見えないのはもちろん、大企業でも倒産やリストラが行われる時代です。したがって、今後も医学部再受験を目指す社会人は増えていくと思います。ただし、難化傾向にある医学部入試を合格するためには、志望校選びが非常に重要になってきます。特に、近年は人物重視のウェイトが高くなっており、面接試験が合否に大きく影響するようになりました。実際に、熊本大学や岐阜大学は面接試験を導入していなかったために多くの医学部再受験生が集まっていましたが、相次いで面接試験を取り入れており今では学科試験のみの医学部は九州大学や東京大学のみとなっています。したがって、面接試験を実施しない大学を選ぶよりも、年齢に寛容的で多くの多浪生・社会人が合格できている大学を志望校とするのが一番です。残念なことに以前ニュースでも話題になりましたが、医学部には年齢に厳しい大学はあります。学科試験で合格に達するだけの得点をあげていても、面接試験で不合格になることもあります。したがって、医学部再受験生は医師になることを第一に考え、合格できる可能性が一番高い大学を選ぶことです。面接試験を課している医学部でも、多くの再受験生が合格している大学はあります。あとは、合格に必要な知識と得点力を必死に習得していきましょう。お金を節約するために独学を選択する人もいますが、これはかえって遠回りになってしまいます。1年間の学費が300万円かかっても医師になれば元が取れるだけの収入と地位を得ることができます。合格実績の高い医学部予備校に通って、最短ルートの学習計画を提供してもらい、効率よく勉強していきましょう。

FireShot-Screen-Capture-#035---'医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト'---医学部再受験_net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です