★養老保険とその他の生命保険を比較してみよう★

養老保険は契約が成立したその日から万が一の死亡保障があり、保険期間を満了すると満期保険として死亡保障と同額のお金を受け取ることができます。満期が来る前に万が一亡くなった時には保険金が支払われるので、加入すれば必ずお金を受け取ることができます。また、満期の時には、契約期間中に支払った保険料の総額を下回ることはありませんので確実にかけたお金が戻ってきますので、養老保険は積立としてとても有効に活用できる生命保険なのです。しかし、生命保険には様々な商品の種類があるので、養老保険以外の生命保険と迷われる方もいるのではないでしょうか。ここでは、養老保険とその他の代表的な生命保険を比較したいと思います。
【定期保険と養老保険の比較】
定期保険は、一定期間だけを補償するというところは養老保険と同じなのですが、万が一の死亡保障のみを備えるシンプルな生命保険なので、基本的に満期保険金も解約返戻金もないいわゆる掛け捨ての保険となります。満期保険金も解約返戻金もない掛け捨ての生命保険なので、養老保険と比べると保険料はかなり安く加入することができます。保障のみでいいという方は定期保険がお勧めですが、掛け捨てに抵抗ある方や貯蓄も考えている方は養老保険を選ばれるといいでしょう。
【終身保険と養老保険の比較】
養老保険は一定期間を補償する生命保険ですが、終身保険は一生涯保障してくれる生命保険です。加入期間が長ければ長いほど解約返戻金が支払った保険料を上回ってくるので例えば定年退職などのある一定期間を目安に終身保険を解約した場合、養老保険のようにまとまったお金を受け取ることもできます。このように、終身保険はあくまでも一生涯の死亡保障の商品のようですが、養老保険のような貯蓄機能も兼ね備えているので人気の生命保険となっています。
計画的に決まったタイミングにお金を受け取りたい方は養老保険がおすすめですが、死亡保障としてかにゅうするものの万が一お金がいるときに活用したいという方には終身保険がお勧めでしょう。
【学資保険と養老保険の比較】
学資保険の仕組みは養老保険と全く同じなのですが、学資保険は親である契約者本人が万が一亡くなった時に死亡保険金が受け取れるのではなく、以後の保険料が免除になり満期保険金は受け取れる仕組みとなっています。さらに、子供の進学のタイミングに入学祝い金を受け取れますので加入目的がこどもの教育資金と限定されています。子供の教育資金を検討している場合には学資保険がお勧めですが、子供の教育資金以外にも目的があるときは養老保険のほうがいいかもしれません。
【個人年金保険と養老保険の比較】
養老保険は老後の生活資金の備えとして加入する方が多いので、老後の備えがメインとなる個人年金保険と比較した場合、受け取り方に大きな違いがあります。個人年金保険は、保険期間を定年退職や老後に設定し、払い込み満了後は一時金としてではなく年金としてお金を受け取る仕組みとなっています。

養老保険の比較