★医学部再受験生は合格できる大学を第一に考えること!面接試験も自信を持って対応を!★

医学部再受験を目指す人が多いのは、医師という職業になるためには必須の道であると同時に、安定して高い報酬を得られるメリットがあるからです。リーマンショック以降は将来の先行きが見えないのはもちろん、大企業でも倒産やリストラが行われる時代です。したがって、今後も医学部再受験を目指す社会人は増えていくと思います。ただし、難化傾向にある医学部入試を合格するためには、志望校選びが非常に重要になってきます。特に、近年は人物重視のウェイトが高くなっており、面接試験が合否に大きく影響するようになりました。実際に、熊本大学や岐阜大学は面接試験を導入していなかったために多くの医学部再受験生が集まっていましたが、相次いで面接試験を取り入れており今では学科試験のみの医学部は九州大学や東京大学のみとなっています。したがって、面接試験を実施しない大学を選ぶよりも、年齢に寛容的で多くの多浪生・社会人が合格できている大学を志望校とするのが一番です。残念なことに以前ニュースでも話題になりましたが、医学部には年齢に厳しい大学はあります。学科試験で合格に達するだけの得点をあげていても、面接試験で不合格になることもあります。したがって、医学部再受験生は医師になることを第一に考え、合格できる可能性が一番高い大学を選ぶことです。面接試験を課している医学部でも、多くの再受験生が合格している大学はあります。あとは、合格に必要な知識と得点力を必死に習得していきましょう。お金を節約するために独学を選択する人もいますが、これはかえって遠回りになってしまいます。1年間の学費が300万円かかっても医師になれば元が取れるだけの収入と地位を得ることができます。合格実績の高い医学部予備校に通って、最短ルートの学習計画を提供してもらい、効率よく勉強していきましょう。

FireShot-Screen-Capture-#035---'医学部再受験情報ナビ※再受験で医学部合格を目指すための情報サイト'---医学部再受験_net

 

 

 

 

 

★医学部再受験生が難しいと言われる理由とは!?★

医学部再受験生

医学部受験は大学入試最高峰の難易度を誇りますが、合格して医師になった暁には好待遇と高い地位を得ることができます。誰でもなれる職業ではないからこそ、年齢に関係なく活躍することが可能なため、医学部再受験というカタチで再度大学入試に挑戦する人がたくさんいます。ただ医学部再受験は非常に難しいと言われています。もちろん現役生でも難しい医学部入試を勉強から遠ざかっている社会人が受けるわけですから難しさが増すのは当たり前です。でも医学部再受験生の合格が難しいと言われるのはそれだけではありません。医学部再受験生の多くは社会人です。つまり、経済的に親から独立している人が多いため、予備校に通うとなっても自分で工面する必要があります。医学部予備校となれば300万円程度かかり、大手でも100万円以上の学費は覚悟する必要があります。しかし、医学部再受験生の多い20代・30代の社会人にとって100万円以上の支出を伴うのは非常に厳しいのが現実です。そのため、多くの人は独学を選びがちです。独学だと参考書代で済むため費用を大きく抑えることができますが、質問する相手もおらず、学習計画を管理してくれる人もおらず、効率性が非常に悪いです。そして、なかなか学力が伸びずにドロップアウトしてしまう人が続出しています。医学部合格を本気で目指すの出れば予備校に通いましょう。次に、壁として立ちはだかるのが年齢という問題です。大学入学には年齢条件を設けていません。それでも大学によっては年齢に寛容であるところと、そうでないこところに分かれています。レベルが高い大学とか国公立・私立だとかではなく、これは各大学のカラーによって異なってきます。確かに、医学部生活6年に加え、一人前の医師になるには2年の研修を終えて一通りの知識と手技を身につけるにはトータル10年以上かかってしまいます。30歳で医学部入学したら40歳です。医師は体力的・精神的にも相当ハードな職業なので、その点を踏まえて年齢に寛容ではない医学部が出てきてしまいます。特に国公立の場合は学費の多くを税金によって賄われているので尚更ですね。したがって、年齢が壁となって医学部に入れる選択肢が自ずと制限されてしまうことから、現役生などよりは難しくなると言われています。他にも、やはり年を取ると段々と知識の理解・定着が衰えてきます。これによって、効率良く学習が進まない。学習範囲を終わらせられないといった影響が出てきます。さらには、キャリアを捨て医師の道を目指すわけですから医学部に合格できなかった場合のことを考えると相当なプレッシャーとストレスとなります。固い決意と覚悟がないと精神的に押しつぶされてしまう医学部再受験生も少なくないです。医学部を目指す際は、最後にもう一度冷静になって考え、覚悟を決める必要があります。

★医学部再受験を失敗する理由とは?年齢のせいなのか?★

医学部再受験は、ただでさえ難しい医学部一般入試を勉強から遠ざかっていた社会人が挑戦するわけですから非常に難しいと言われています。それでも医師になれば社会的にも経済的にも高い地位が約束されるわけなので、再受験で医学部を目指す人が後を絶ちません。最近では、灘や麻布など難関進学校の生徒は東大より医学部に目指すと言われているくらい医学部入試が過熱気味となっています。そのたえ、難易度は上昇しており私立の下位レベルでも偏差値60は必要だと言われています。そんな医学部再受験生にとってもう一つ気がかりなのは前にも紹介した年齢という壁です。医学部には年齢に寛容である大学とそうでない大学に分かれており、医学部再受験生は志望校が限定されています。ただし、年齢が本当にネックになっているのかと言えば必ずしもそうとは言い切れません。多くの医学部再受験生が入試に失敗して痛感するのが勉強不足です。医学部の年齢問題の前に合格に必要な学力が習得できなかった人がたくさんいます。また、なかなか成績も上がらないことからモチベーションの維持も困難となりそのままドロップアウトしたり、次の年を迎えたりしている人がいます。あと、独学で勉強している人は予備校で勉強している人より結果が出ていないように感じます。経済的な問題もあると思いますが、本気で医学部を目指すのであれば予備校に通って規則正しく勉強するべきです。医学部に合格できる学力があれば年齢でハードルが上がると言っても、年齢差別をしない医学部もあるのでそこを受験すれば合格できる可能性が非常に大きいです。そのため、いかに効率の良い勉強を行い、そして1年間モチベーションを維持しながら学力を伸ばすかがカギとなってきます。医学部再受験で年齢を不安視している人は、まず学力を伸ばせる自信があるか、その環境が整っているかを確認することが重要です。